海洋深層水とは?ミネラル成分とは?期待される効能とは?

本海洋深層水とは・・・

海洋深層水は21世紀の地球的資源として今世界的に注目されています。さまざまな分野への利活用の可能性を秘めている母なる海の水です。海洋深層水の水温は季節を通じて年中ほぼ一定であり、ハワイではこの特性を利用して熱エネルギーとして発電に生かす研究がされています。日本国内においても、全国各自治体が民間企業と手を組みこの海洋深層水の取水設備を設けてミネラルウォーターや成分を含有した化粧品さらには入浴剤、天然塩、石けんなどの商品化を図っています。


本ミネラル成分とは・・・

海の深層部では光がわずかしか届かなく植物プランクトンが光合成ができません。その植物プランクトンの栄養源であるチッ素、リン、ケイ酸が豊富に含有されており表層水に比べ5〜10倍の無機栄養塩類が含まれています。多量に摂取すると害になる成分はごく少量でバランスが良く60種類が含まれております。特に日常生活で摂取しにくいマグネシウムはコップ2杯程度で1日分を補えることができます。


本期待される効能とは・・・

アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、保湿整肌作用、免疫力の向上などが期待されています。その他、観葉植物や家庭菜園などの肥料として活用されたり、ご飯の炊き水に原水を少量混ぜることによりつやがでてもちもちとした食感に炊き上がります。人体には内と外からこの超ミネラル水を補給してあげると体の新陳代謝が向上するようですね。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。